フェレットの扁平上皮癌

 

今回はフェレットの口唇部にできた扁平上皮癌につい紹介したいと思います。

左上顎に1センチ弱のできものがあるということで来院されました、もうすぐ5歳になる雌のフェレットです。

できものが炎症によって腫れているのか、それとも腫瘍なのかを細胞診によって判定するため、できものに細い針を挿して細胞を採取し、顕微鏡で細胞を観察しました。

確定診断を行うためにはできもの一部または全てを切除し、病理組織検査に出す必要がありますが、細胞診でも特徴的な細胞が観察される場合はできものの種類を予測することができます。

今回細胞診を行ったところ、形態異常を伴う扁平上皮細胞が多数観察され、扁平上皮癌が第一に考えられました。

そのため外科的に切除することになりました。

悪性の腫瘍の場合、腫瘍だけでなく、周囲の正常な組織も広範囲に切除する必要があります。

腫瘤を切除しました。

縫合後の写真です。

 

今回の症例は口唇部にできており広範囲な切除は難しく、一部しか取れない可能性も考えられました。

写真は切除した腫瘤です。病理組織検査に出したところ、扁平上皮癌と診断されました。

周囲の皮膚組織から癌細胞が観察されなかったため、腫瘍は完全に切除されたと思われます。

今後は継続的に観察し、再発に注意する必要があります。

 

 

Pocket