月別アーカイブ: 2015年2月

腎膿瘍

写真 2 (2)写真 1 (2)

二週間前から食欲低下を主訴に来院、発熱、白血球の増加、レントゲンにて腹部に円形の陰影が認められました。

写真 4写真 3 (1)

超音波検査にて、右腎臓のみ確認できなかったため、左腎臓の水腎化と仮診断、写真 4 (1)写真 2 (3)写真 1 (3)

飼い主様の希望により手術を行なうことになったため、CT検査をおこない、左腎臓径5.4×7.1×7.6cmと腫大化が認められ、腎実質は殆ど認められない。右尿管は造影5分後、造影剤の流入を確認できるが、左は15分後も造影剤の流入が確認できなく、左尿管近位の拡張が疑われた。胸部では肺転移病変を疑う所見は認められない。

 Exif_JPEG_PICTURE

左腎臓の腫大のため、左腹部がでています。Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE

左腎臓摘出、一部尿管が拡張していました。中はすべて膿でした。

細菌培養検査では、陰性。

病理検査結果は、腎臓壊死および実質の委縮と腎盂の拡張

慢性化膿性腎盂腎炎

慢性尿管炎、尿管の拡張を伴う

腫瘍性変化は観察されないとの結果でした。

経過は良好です。

Pocket